一般眼科

一般眼科

当院では、結膜(白目)や角膜(黒目)などの目の表面の疾患、白内障や眼底疾患など直接視力に関係する疾患、涙目などの涙道疾患、さらには現代病とも言えるドライアイや眼精疲労まで、眼科疾患全般に対応しております。

気になる症状

  • 目がかすむ・ぼやける
  • 目が痛い、かゆい、赤い
  • 目が疲れる、見えにくい
  • 目やにが出る
  • 視力が落ちた
  • 物が歪んで見える
  • 黒目のきず

目を酷使する現代社会

私たち人は、目で見るということを通して、外界の情報の8割を取得していると言われます。

パソコンやスマートフォンなどを駆使する現代、目はもっとも重要な感覚器官であると言えるでしょう。目が酷使される生活の中で、お子さまの視力も全般に低下している傾向があります。

また、目の病気の中には、自覚症状がなく進行しているものもあります。受診が早ければ早いほど、早期発見・早期矯正・早期治療が可能です。

自己判断せずに受診しましょう

「視力が落ちた」「目がかすむ」などは、眼精疲労も考えられますが、白内障や緑内障などの重大な目の疾患も考えられます。
「物が歪んで見える」という場合は、眼底出血、加齢黄斑変性などの疾患も疑われます。「目が赤い、かゆい」という場合は、結膜炎が考えられますが、ウイルス性結膜炎の場合は周囲に伝染しますので、注意が必要です。

いずれの場合も自己判断せずに受診するようにしましょう。

ドライアイ治療に「涙点プラグ挿入術」

最近話題のドライアイとは、涙の分泌量が減る、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態のことです。

単なる目の乾きではなく、涙液の減少あるいは質的な変化により目の表面に障害を生じる疾患です。コンピューターの画面などを長時間見る、冷暖房の利いた部屋で過ごす、加齢などが原因だと言われます。

軽症の場合には、涙液型の点眼薬で緩和しますが、重症の場合、当院では「涙点プラグ挿入術」などの治療も積極的に行い、早期の回復を図ります。

院長からのアドバイス

単なる目の疲れだと甘く見て目の不調を放置しないで、なるべく早く受診してください。全身的な検査ならびに高度な眼科的な検査・手術が必要な場合は、東邦大学大橋病院と密接に連携しておりますので、迅速に対応させていただきます。安心してお任せください。

  • クリニックブログ
  • Doctors File
  • Shin Clinic
お気軽にお問い合わせください 0359299100