白内障について

白内障について

白内障とは、目の中の水晶体というレンズが濁ることで視力低下を起こす病気です。当院では最新の機械と手術手技により、手術経験豊富な眼科専門医が「白内障日帰り手術」を行っております。

気になる症状

  • 目がかすむ、ぼやけて見える
  • 人や物が二重三重になって見える
  • まぶしさを感じることが多い
  • 明るいときと暗いときに見え方が異なる
  • 視力が悪くなったように感じる

白内障とは

白内障とは、目の中の水晶体というレンズが濁ることで視力低下を起こす病気です。

水晶体は、物を見るときにピントを合わせる働きをしており、ここが濁ってくると目の中に充分な光が入らなくなり、かすみ目や視力低下を引き起こします。

残念ながら、これらの変化の多くは加齢変化で起こるものなので、どなたにでも発症するリスクはあります。

白内障の治療と原因

白濁の程度や進行にはかなり個人差があり、濁りがわずかである場合は、進行を遅くする点眼薬等で経過観察ということになります。ただし、点眼薬等では濁るスピードを遅くするだけで、透明にすることはできませんので、いずれは白濁が出てしまうことになります。

生活に支障が出てきた場合など、さほど支障はなくても白濁を取りたいというご要望にもお応えいたします。

白内障日帰り手術

白内障の手術は、水晶体の白濁した部分を超音波で粉砕し、吸引した後、人工の眼内レンズを挿入します。人工レンズは白濁しにくいため、再度取り換える必要なく、白内障は完治することができます。

白内障手術は短時間で安全・簡単に受けられるとの認識が広まっておりますが、実際は目の内部に器具を挿入して行う内眼手術であり、ごく稀ではありますが網膜剥離や眼内炎などに留意して手術を行う必要があります。

「多焦点眼内レンズ」にも対応

白内障手術時に、取り出した水晶体の代わりとなる人工の水晶体が眼内レンズです。眼内レンズには、「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があります。

通常の白内障手術に際して用いられる「単焦点眼内レンズ」でも改善は得られますが、ピントの合う範囲が遠方か近方のいずれかに限られているため、遠方か近方を見るときのどちらかは眼鏡が必要となります。これに対し「多焦点眼内レンズ」では、遠方と近方の両方にピントが合うため眼鏡への依存を減らすことができます。

※多焦点眼内レンズは先進医療保険対応です。詳しくはお問合せください。

白内障日帰り手術の流れ

手術を行うのは、当院で診察をして白内障が発見された方、他院からの紹介状をお持ちの方などです。

【手術のご説明】手術についてご説明をした上で、患者さまにご検討いただきます。
【術前検査】手術に必要な検査を行います。
【手術日を決定】 手術の日付を決めます。

患者さまのご意向を伺ったうえで、適切な手術の時期を決定します。

院長からのアドバイス

当院では、手術前に手術内容や起こりうる合併症とそれに対しての対処などを患者さまに詳しく説明させていただき、ご納得いただいたうえで、最新の機械と手術手技により手術を行います。お気軽にご相談ください 。

  • クリニックブログ
  • Doctors File
  • Shin Clinic
お気軽にお問い合わせください 0359299100